もう玄関の広さで迷わない!印象のいい玄関にするためのポイントをご紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/07/04

もう玄関の広さで迷わない!印象のいい玄関にするためのポイントをご紹介します!


玄関は、家族が毎日利用する場所ですが、来客があった時にお客様が最初に目にする場所でもあります。
つまり玄関は、その家の第一印象を決める場所であるということです。
今回は、玄関に適した広さと、印象を左右するポイントについてご紹介していきます。

□玄関の広さの決め方とは?


玄関の標準的な広さは、約3畳であると言われています。
間口は1.35メートル以上、奥行きは1.2メートル以上あると、とても使いやすい玄関になります。


3畳は、土間、玄関ホール、収納スペースにそれぞれ1畳ずつ割くと、バランスが良くなります。
また、玄関は靴だけでなく、スキー道具や釣り道具などのホビー用品を収納する場所としても使われることが多いです。
そういった目的でも使いたいという方は、少し広めにとってもいいでしょう。


また、家族構成も玄関の広さを決める際には考慮しなくてはいけません。
2人暮らしの場合、靴の数もそこまで多く無いでしょうから、1.5畳程度の広さでも特に問題ありません。


3〜5人家族の場合は、標準的な3畳程度がおすすめです。
間口を1.6m程度に広くとると、ゆったりと余裕のある玄関に仕上がります。


また、来客が多い家庭の場合は、4畳以上確保して広々とした玄関にしたいところですね。
玄関ホールにシューズクローゼットといった大きめの収納を設けると、玄関がごちゃごちゃせず、すっきりとした印象を与えられるでしょう。

□玄関の印象を良くするポイント

*玄関に光を取り込む


玄関は窓が設置しにくいため、暗くなりがちです。
お客様を迎える場所であるだけに、明るく清潔感のある空間にしたいですよね。
最善策は壁面に窓を設置することですが、それが難しい場合は玄関部分を吹き抜けにして天窓から光を得たり、玄関ドアの一部をガラスにしたりするとうまく光を取り込めます。


*玄関ドアにこだわる


玄関ドアを選ぶ際のポイントは、ドアの種類、デザイン、鍵の3つです。
ドアの種類は扉タイプや引き戸タイプがありますが、最近の新築住宅では9割が扉タイプを選んでいます。
ドアのデザインはかなりバリエーションが豊富で迷いがちですが、家全体のイメージにあったものを選ぶことが大切です。


最後に鍵の種類ですが、大別すると鍵穴タイプと電子キータイプです。
電子キータイプにも近づくだけでロックが解除されるものや、カードをかざすタイプ、指紋認証などさまざまですが、実際にモデルハウスなどの見学に行き、体験して選ぶことをおすすめします。

□まとめ


今回は玄関の広さと、玄関の印象を左右するポイントについてご紹介しました。
広さは、家族構成によって変わりますが、標準的なサイズは3畳だと覚えておきましょう。
光をうまく取り入れて、明るく清潔感のある玄関にできればお客様からの第一印象も良さそうですね。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る