平屋に吹き抜けを取り入れたい!メリットや注意点を解説します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/12/30

平屋に吹き抜けを取り入れたい!メリットや注意点を解説します!

平屋に吹き抜けを取り入れたい方にぜひ知っていただきたいのが、吹き抜けを作るメリットや注意点です。
吹き抜けを作るメリットや注意点を理解することで、平屋で快適に過ごせます。
そこで今回は吹き抜けを作るメリットや注意点について紹介します。
平屋に吹き抜けを取り入れようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□平屋に吹き抜けを作るメリットを3つ紹介!

*開放感がある

吹き抜けを作ることで、空間が縦に広がり開放感があります。
部屋も広く見える特徴があり、広々とした空間ができます。

*外観がきれいな印象

平屋で吹き抜けを作る際は、勾配が急な屋根にする必要があります。
そのため、片方の屋根が高い片流れ屋根が採用されやすいです。
片流れ屋根を採用することで、家の外観がきれいになります。

*採光や通風が良くなる

高さのある勾配天井を作ることで屋内の空間が縦に広くなります。
そのため、採光や通風が良くなります。
採光については、ハイサイドライトや天窓を設置することで日差しが屋内に入りやすくなります。
そのため、住宅が密集している場合や日差しが入りにくい家の場合でも、日差しを室内に入れられます。

通風については、天井までの高さがあるため屋内の空気が循環して部屋全体に新鮮な空気が行き渡ります。
そのため、カビや湿気の防止につながります。
また、開閉可能であるハイサイドライトや天窓を設置することで換気がしやすいです。

□平屋に吹き抜けを作る際の注意点を紹介!

平屋に吹き抜けを作る場合は、家の断熱性能と空調設備のバランスに注意する必要があります。
その理由は、通常の天井高の家よりも光熱費が高くなり冬は屋内が寒いからです。
吹き抜けを作ると部屋に大きい空間ができるため、冷暖房が効きづらく多くのエネルギーを使用します。
そのため、家の断熱性能と空調設備のバランスを良くする必要があります。

断熱性能が高い家の場合、屋内の熱が外に逃げにくいです。
また、冷暖房に必要なエネルギーも削減されるため光熱費を抑えられます。
そのため、平屋に吹き抜けを作る場合は断熱性能を確保することをおすすめします。

□まとめ

今回は吹き抜けを作るメリットや注意点について紹介しました。
平屋に吹き抜けを作ると多くのメリットがあります。
しかし、注意点もあるため本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、当社では吹き抜けのある家を建築した実績があります。

平屋の吹き抜けについて相談したい方は、お気軽にご相談ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る