ウッドデッキを有効に使うには?使い道と一緒に使うと良いアイテムを紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/04/22

ウッドデッキを有効に使うには?使い道と一緒に使うと良いアイテムを紹介します!

「ウッドデッキをつくったら、どんな使い道があるのかな」

「ウッドデッキを快適にするアイテムって何だろう」

ウッドデッキをつくるとしたら、本当に使う機会はあるのか、どんな活用方法があるのか気になりますよね。

そこで今回は、ウッドデッキの使い道についてと、有効に使うために役立つアイテムを紹介します。

□ウッドデッキの使い道について

ウッドデッキには、どのような使い道があるのでしょうか。

*食事などを楽しむ

オープンカフェのように、食事やおやつを楽しむ場所として活用する方法があります。

バーベキュー用品やテントを持ち込んで、自宅にいながらアウトドア気分を味わうこともできます。

おいしい肉を焼いてそのまま食べたり、アフタヌーンティーを楽しんだりするのも良いでしょう。

*のんびり自然を感じる

家事の合間や休日に、なにもせず外の自然を感じる方法もあります。

椅子やソファー、ハンモックを持ち込んで昼寝をしたり、読書をしたりすると、リラックスできます。

*物干し場として活用する

布団のような大きな物でも、ウッドデッキがあれば楽に運び出して干せます。

屋根を付ければ雨の日でも干せるようになり、便利です。

□ウッドデッキを有効に使うためのアイテムについて

次に、ウッドデッキを有効活用するために役立つアイテムを紹介します。

テーブルとチェアのセットは、最初に思いつく人が多いかもしれません。

そんな中、初めての方におすすめなのが、耐候性のある樹脂製のリラックスチェアです。

置きっぱなしでも耐久力があるので、わざわざ出し入れする労力がかかりません。

さらにタバコを吸う方は、灰皿も用意しておくと良いでしょう。

日よけをウッドデッキに設置するのもおすすめです。

日焼けの防止だけでなく、雨を防ぐことによる、ウッドデッキ上の物の防汚効果も期待できます。

日よけを固定してしまう方法や、たためるパラソルを設置する方法もあります。

ごみ収集庫も、ウッドデッキに置いておくと便利です。

バーベキューや飲食で発生するごみをそのまま捨てられるだけでなく、ゴミ袋を直接目に触れさせないことで、ウッドデッキの見た目をきれいに保てます。

□まとめ

今回は、ウッドデッキの使い道についてと、ウッドデッキを有効に使うために役立つアイテムを紹介しました。

ウッドデッキには可変性があり、ご自身のライフスタイルに合わせて活用できます。

ウッドデッキのある家を検討されている方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る