新築をお考えの方必見!玄関ホールの広さの目安と広く見せるコツを紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/04/26

新築をお考えの方必見!玄関ホールの広さの目安と広く見せるコツを紹介します!

「玄関ホールはどのくらいの広さを確保すれば良いのかな」

「玄関ホールを広く見せるにはどうしたら良いのかな」

注文住宅をお考えの方の中には、玄関ホールの広さでお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、玄関ホールの広さの目安と、玄関ホールを広く見せるための工夫について紹介します。

□玄関ホールの広さの目安について

戸建ての場合、玄関ホールは2畳(もしくは1坪)以上の広さを確保することをおすすめします。

2畳だと狭く感じる方もいるかもしれませんが、後述する玄関ホールを広く見せるための工夫をすれば、実際よりも広く感じられるでしょう。

しかし、2畳はあくまで目安の広さです。

広めの家に住む場合は、玄関ホールを広く取り、逆に狭めの家の場合は、玄関ホールを2畳未満に狭くすると良いでしょう。

家の広さに合わせて玄関ホールの大きさを変えることで、快適な広さの生活空間を確保できるようにすることをおすすめします。

さらに、家に住む人数も考慮して広さを決めましょう。

人数の多い家族の場合、3人くらいが同時に玄関を出入りできるような広さにすると便利です。

□玄関ホールを広く見せるための工夫について

次に、限られた広さの玄関ホールを、広く見せるための工夫について紹介します。

*幅や高さを広く取る

人は同じ広さの空間でも、横幅の広い方が広く感じます。

実際に玄関ホールを使った時も、横幅が広い方が使い勝手が良いため、なるべく縦幅よりも横幅を優先すると良いでしょう。

また、玄関ホール上部に吹き抜けをつくったり、窓を設置したりすると、玄関ホールが明るく開放的な空間に仕上がります。

*玄関ホールの壁に大きな鏡を設置する

玄関ホールに鏡を設置すると、お出かけ前に身だしなみを整えられるだけでなく、空間を広く感じられます。

実用性もあるので、おすすめの方法です。

*玄関周りの収納を工夫する

玄関に物があふれ、狭く感じる原因になる場合があります。

また、玄関収納そのものが、玄関ホールを狭くしてしまう可能性もあります。

玄関ホールのデッドスペースを収納などに上手に活用する、玄関に置いていた物を他の場所に収納するといった方法で、うまく玄関ホールを活用できるようにしましょう。

□まとめ

今回は玄関ホールの広さの目安と、玄関ホールを広く見せるための工夫について紹介しました。

限られた広さの玄関ホールであっても、工夫次第で広く感じる空間にできるので、今回の記事を、玄関ホールづくりの参考にしてみてください。

また、丈夫で安心な家づくりを検討されている方は、ぜひ当社にご相談ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る