寒い家にお住まいの方へ!家が寒い原因と対策について説明します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/04/30

寒い家にお住まいの方へ!家が寒い原因と対策について説明します!

「家が寒くなる原因は、どこにあるのだろう」

「今日からできる寒さ対策はないかな」

暖房を使っても効果が薄いと、光熱費もかかって大変ですよね。

寒さの原因を突き止め、どうにかして家の寒さ対策がしたい方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、家が寒い原因についてと、今日からできる寒さ対策について紹介します。

□家が寒い原因とは?

家が寒くなる原因は、いくつか考えられます。

まず、窓が冷気の発生源になっているケースは非常に多いです。

日本の住宅の窓には、軽量で丈夫なアルミサッシがよく使われていますが、アルミは熱をよく伝える性質があります。

外気温をそのまま中に伝えてしまうと、部屋の中に冷気が発生し、足元から冷えていきます。

また、経年劣化などにより家に隙間が生じ、そこから外気が入り込んで寒くなっているケースもあります。

引き違い戸の場合は、経年劣化が起きていなくてもわずかに隙間があり、そこから冷えている場合もあります。

家の断熱性能が低いケースもあります。

家の断熱材が少ない場合に部屋が冷えてしまうのはもちろん、断熱材が経年劣化を起こしている場合もあります。

壁や屋根、床の断熱性能が低いと、それらを伝って部屋が寒くなっていきます。

□今日からできる家の寒さ対策について

ここからは、今日から自分でできる部屋の寒さ対策を紹介します。

*窓際に暖房器具を設置する

実は、窓際に暖房器具を設置すると、部屋を効率よく暖められます。

暖かい空気は上にいき、寒い空気は下にいく性質があるので、寒くなりがちな下方向に暖かい風を送るようにすると良いでしょう。

*保温性が高いカーテンを使う

先ほど、窓が寒さの原因になるケースが多いことを説明しましたが、カーテンは窓の冷気を遮断し、室内の暖かい空気を外に逃がさない役割を担います。

保温性の高いカーテンを選ぶと、暖かい空気をより室内に保てます。

また、カーテンの長さをしっかりと確保することも重要です。

保温性の高いカーテンで窓を隙間なく覆うと、エアコンの効きも良くなります。

*プチプチを窓に貼る

プチプチは中に空気を含んでいるので、寒さ対策に向いています。

カーテンと同じく窓からの冷気の侵入を遮断し、室内の暖気を逃がさない役割を期待できるので、部屋の中側から両面テープなどで貼り付けると良いでしょう。

□まとめ

今回は、家が寒い原因についてと、今日からできる寒さ対策について紹介しました。

ぜひご自身の家の寒さの原因を突き止め、効率的な寒さ対策を実践してみてください。

冬の寒さにも負けない、安心で快適な家づくりを検討されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社までお問い合わせください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る