テクノストラクチャー工法、安心・安全の理由と間取り・デザインの自由度の高さ

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

テクノストラクチャー工法

住宅を建てる際に、
こんな心配事ありませんか?

重量鉄骨って?

< 住宅の強度や耐震性について >

  • せっかくのマイホーム。丈夫な家で、  安心して暮らしたい。
  • 地震が心配…。住宅の性能面でも備えたい。
  • 頑丈で快適な空間にしたい。でも予算が気になる!
土地の広さや形状について

< 土地の広さや形状について >

  • もともと持っている狭小地で新築を考えている。
  • 譲り受けた土地が特殊な形のようだけど、
    どんな家が建てられるか知りたい。
  • 家族みんながくつろげるように、広くのびのびした
    空間をつくりたい。

このようなお悩みをお持ちの方に、“テクノストラクチャー工法”での家づくりをご提案します。 このようなお悩みをお持ちの方に、“テクノストラクチャー工法”での家づくりをご提案します。

arr

テクノストラクチャー工法って?

パナソニックが開発した、
木と鉄を組み合わせた部材を使った工法です。

arr

すべての部材に重量鉄骨を使って家を建てるよりも手頃な価格で家づくりができます。 梁には「テクノビーム」と呼ばれる複合梁を使い、木材同士を素材の強さを引き出す接合金具を使うことで耐震性、耐久性を高めており、その耐震性は実験でも実証されています。さらに、パナソニックの施工認定を受けたテクノストラクチャー工法採用ビルダーのみが施工・販売することができるため、私たちの技術力の高さも認められています。
つまりテクノストラクチャー工法は、住宅に欠かせない構造面の安心が確かで、重量鉄骨よりも手の届く価格での家づくりを実現することができるのです。

テクノストラクチャー工法
安心・安全の理由

01.確かな強度を確保する

01.確かな強度を確保する
388項目の構造計算

テクノストラクチャー工法は工務店やビルダーの施工認定に加えて1棟1棟に構造計算を行っています。
引き渡し時には数値を記載した計算書や保証書もお渡し、確かに安全な住まいであることを証明します。

02.いつまでも丈夫な家づくり

02.いつまでも丈夫な家づくり
高い耐久性

木と鉄という異なる素材を組み合わせた「テクノビーム」。
木の部分には防腐処理やシロアリ処理、鉄の部分には防錆処理を施し、それぞれの性質にあわせて耐久性を高めています。
部材の品質も均一化しているため変わらない性能を保持。
何十年も安心して暮らし続けていける、丈夫な家づくりが可能となっています。

03.長期優良住宅仕様

03.長期優良住宅仕様
耐震等級3の家づくり

テクノストラクチャー工法でつくられた家は長期優良住宅仕様で、耐震性では最高等級で建築基準法の1.5倍の強度となる耐震等級3レベル。地震が起きたあとの生活も考えられた、いつまでも安全な家づくりです。

間取りもデザインも自由自在
テクノストラクチャーの家づくり

開放的な空間をより安全に

開放的な空間をより安全に

広く開放的なリビングや、吹き抜け、曲線を描いたリビング。理想の暮らしや憧れの外観も、構造が計算されたテクノストラクチャー工法だからこそ、自由な設計と安全な建築が実現できます。

2階リビングの延長にバルコニーを設けたり、2階・3階部分を張り出して居住スペースを広げたりと暮らし方によって様々な空間の使い方をご提案いたします。

スキップフロアも選べる

スキップフロアも選べる

1階・1.5階・2階といった複雑な構造も、耐震性や耐久性が裏付けられているテクノストラクチャー工法なら、安全に暮らしていくことができます。

収納スペースや趣味を楽しむスペースに活用できるスキップフロアは、壁や扉の仕切りが無いため、家族の繋がりがいつでも感じられる暮らしが叶えられます。

狭小地や変形地でも空間を楽しむ

狭小地や変形地でも空間を楽しむ

広さや形状、法的な問題など土地についてのお悩みも、テクノストラクチャー工法が解決します。

三角地などの変形地でもデッドスペースを作らない家づくりや、縦の空間を利用した3階建ての建物、ビルトインガレージや大空間リビングも、梁や柱、接合金具にもこだわるテクノストラクチャー工法だからこそ安全に支えることができます。

arr

技術力の高さを認められた会社だけが施工できる、
テクノストラクチャー工法の家づくり。

家族が笑顔で集まる大空間を、より丈夫に、安全に。

arr

私たちの家づくり

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る