新築のキッチンで失敗しないためには?失敗例とともに解説します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/12/04

新築のキッチンで失敗しないためには?失敗例とともに解説します!

「新築のキッチンについて悩んでいる」
「新築のキッチンにおける失敗例を教えてほしい」
新築のキッチンでお悩みの方は、キッチンで失敗したくないですよね。
そこで今回は、新築のキッチンにおける失敗例に加えて失敗しないためのポイントについてもご紹介します。

□新築のキッチンにおける失敗例

まずは、新築のキッチンにおける失敗例について見ていきましょう。
新築のキッチンで多いのは、キッチンの広さに関する失敗です。
例えば、キッチンでの作業スペースが狭すぎたり、戸や引き出しが開けにくかったりなどの失敗例が挙げられます。

また、コンセントの位置で失敗される方も多いです。
料理好きの方であれば、キッチンでも調理家電を使いたいとお考えでしょう。
そういった方は、コンセントの位置にも気を付けましょう。
コンセントを正しい位置に配置しないと、日常的にストレスを感じてしまいます。

□新築キッチンで失敗しないためのポイント

続いて、新築キッチンで失敗しないためのポイントについて見ていきましょう。

               

*オプションは慎重に決める

1つ目は、オプションは慎重に決めることです。
キッチンでは、食洗器やオーブンなど作業をサポートしてくれるオプションがあります。
どのオプションも便利なものですが、オプションを付ける際は慎重に決めましょう。
便利だからといって、さまざまなオプションを取り入れてしまうとキッチンの作業スペースが狭くなってしまう可能性が高いです。

結果的にオプションは必要なかったという意見も多いので注意しておきましょう。

*キッチンの配置はよく考える

2つ目は、キッチンの配置はよく考えることです。
キッチンを住宅内のどこに配置しようか悩んでいる方も多いでしょう。
キッチンの配置を決める際は、住宅内での動線を意識することが重要です。
実際に荷物を運んだり、調理をしたりしている時のことを想像して使いやすいキッチンを目指しましょう。

*家事動線を意識する

3つ目は、家事動線を意識することです。
住宅内の家事は、調理だけではありません。
掃除や洗濯など、調理をしながら他の家事も並行して行う場合もあるでしょう。
そういった際に、効率よく家事を行うためにも家事動線を意識する必要があります。

□まとめ

今回は新築のキッチンにおける失敗例に加えて失敗しないためのポイントについてもご紹介しました。
新築キッチンで失敗しないためのポイントについて理解していただけましたか。
家づくりでお困りの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
当社の専門家が皆様を全力でサポートいたします。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る