部屋の収納って必要?収納の少ない家でできる工夫についても解説します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/03/22

部屋の収納って必要?収納の少ない家でできる工夫についても解説します!

「部屋の収納って重要なのかな」
「部屋の収納が少ない場合はどうすればいいんだろう」

部屋の収納がどのくらい重要なのか、部屋の収納が少ない場合はどうすれば良いのか、悩みますよね。
そこで今回は、収納の少ない部屋を避けた方が良い理由と、収納が少ない場合の工夫と解決方法について説明します。

□収納の少ない部屋はなるべく避けるのがおすすめ

家の間取りがまだ確定していない方は、収納のない部屋は避けることをおすすめします。
部屋の収納は立地や家賃よりも軽視されがちですが、いざ暮らしてみると生活の質に大きな影響を与えます。
収納家具を置けば収納の確保はできますが、掃除のしにくい隙間が生まれたり、生活動線の邪魔になったりして、部屋の使い勝手が悪くなってしまう可能性が高くなります。

もちろん、部屋に収納を確保できない場合もあるでしょう。
そこで次項では、部屋の収納が少ない場合の工夫を紹介します。

□部屋の収納が少ない場合にできる工夫について

*収納家具を設置する

先ほど収納家具は部屋の使い勝手が悪くなる可能性があると言いましたが、部屋の収納が確保できなかった場合は収納家具を買いましょう。
たまに「収納家具を置いたら負け」と思っている方もいらっしゃいますが、それでは物がしまえず散乱してしまいます。
最近の収納家具にはデザインや使い勝手の優れたものがたくさんありますので、自分好みの収納家具を探してみてください。

*部屋の収納を無駄なく使う

部屋の収納に無駄なスペースがあいている場合は、収納ボックスや収納棚などを活用して有効活用するようにしましょう。
奥行きのある収納は使いづらいかもしれませんが、奥の方に普段使わないものを収納すればそれほど不便はないでしょう。

*インテリアにもなる収納グッズを使う

インテリア兼収納グッズを部屋に導入することで、おしゃれと収納スペースの確保を両立できます。
部屋の収納は少ないけれど収納家具には抵抗がある、という方にもおすすめの方法です。
例えば、おしゃれなウォールフックはカバンかけになりますし、ブリキのトランクケースは中に物を収納できます。

□まとめ

今回は収納の少ない部屋は避けた方が良い理由と、部屋の収納が少ない場合にできる工夫について説明しました。
当社は、暮らしの中の使いやすさと暮らしやすさを大切にしたうえで、見えないところにもこだわった家づくりを提供しております。
瀬戸市で家づくりをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る