注文住宅を検討中の方へ!4人家族に最適な家の広さについて解説します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/03/18

注文住宅を検討中の方へ!4人家族に最適な家の広さについて解説します!

「4人家族が住む家は、どのくらいの広さにすべきだろう」
「どうやって間取りを考えようかな」

家づくりを考えるとき、家の広さや間取りに迷いますよね。
4人家族だと特に、意見をまとめるのが大変かもしれません。
そこで今回は、4人家族に最適な家の広さの目安と、住みやすい家づくりのためのポイントについて説明します。

□4人家族に最適な家の広さはどのくらい?

「住生活基本計画」によると、4人家族が豊かな生活をするのに必要な住宅の広さは、一戸建ての場合には約38坪、マンションの場合は約29坪だとされています。
日本の住宅の平均的な広さとそれぞれ同じくらいで、夫婦の寝室に6畳から8畳、子ども部屋に4.5畳から6畳、LDKに15畳くらいの広さをとる住宅が多いようです。

ただし家族が豊かな生活を送る上で必要な広さは、家族のライフスタイルや要望にも左右されるので、あくまでこれは平均的な目安です。

□住みやすい家づくりのためのポイントは?

*将来のライフスタイルを考慮する

現在や近い将来のライフスタイルに合わせて間取りを考えるだけでなく、かなり先の未来も見据えて家づくりをするようにしましょう。
もし仮に4人家族が母親、父親、子供2人の家族構成で、子どもたちにそれぞれの部屋を与えるのであれば、3LDK以上の部屋数は欲しいところです。

しかし、子供たちが自立した後は、その部屋の使い道に苦慮することになるかもしれません。
使っていない部屋であっても定期的な掃除は必要になります。
このように、将来のライフスタイルはかなり先の未来まで考慮し、自分たちのライフスタイルにとって最も良い間取りは何なのかを考えるようにしましょう。

*家族の家に対する要望をまとめる

家族が新しい家で、どのような暮らしを送りたいかの希望を聞き、まとめるようにしましょう。
家族によって、部屋数を少なくして1部屋の広さを広くするか、狭くなってもそれぞれの個室を確保するかなど、希望は異なってくるはずです。
家族とのつながりを感じられる家にしたい場合は、リビングを広くしたり、子供部屋を間仕切りにして区切ったりする方法もおすすめです。

□まとめ

今回は、4人家族に最適な家の広さの目安と、住みやすい家づくりのためのポイントについて説明しました。
当社は、家族の笑顔がどこにいても感じられる家を目指し、安全で快適な家づくりを行っている、創業50年以上の地域密着型工務店です。
瀬戸市で家づくりをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る