注文住宅を検討中の方へ!家が実家から遠いことで後悔した事例を紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/03/02

注文住宅を検討中の方へ!家が実家から遠いことで後悔した事例を紹介します!

「家をどこに建てようか迷ってる」
「家と実家の距離をどうしようか迷っている」
注文住宅を検討中の方でこのようにお考えの方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、今回は家が実家から遠いことで後悔した事例と、実家から遠くに引っ越してしまったときの対処法について紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

□家から実家が遠いことで後悔した事例

家から実家が遠いことで後悔した事例をいくつか紹介します。

1つ目はお金がかかるケースです。
実家が遠いと、帰省する際たくさんお金がかかってしまいます。
特に、飛行機や新幹線を利用する場合は家族全員の費用が必要なため、たくさんのお金が必要です。

車の場合でも、長い距離を運転することによってストレスを感じてしまう可能性があります。
最初はあまり負担にならなくても、回数を重ねるにつれ負担になってくるので注意が必要です。

2つ目は頼れる人がそばにいないケースです。
日常で突然困ってしまったとき、一番助けてくれるのは家族です。
そんな時、家族がそばにいないと助けを求めることが困難になってしまいます。

お子様がいらっしゃる家庭ではお子様が体調を崩してしまっても面倒が見れないことがあります。
周りに頼れる人がおらず、困ってしまう方が多いです。
実家が近ければ、子供の面倒を安心して任せられるでしょう。

以上が事例についてでした。

□実家から遠くに引っ越してしまったときの対処法について

実家から遠方に嫁ぐと不安に感じる方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、実家から遠くに引っ越してしまったときの対処法をいくつか紹介します。

1つ目は友達を作ることです。
環境が変わって身近に誰もいない状態ですと、育児や仕事に追われてしまい、息抜きができなくなってしまいます。
そこで、友達を作ることで少しでも息抜きができる場を作ることが大切です。

2つ目は楽しみを見つけることです。
新しい趣味や習い事をはじめることで、地域の方と触れ合うきっかけを作れます。
少しずつ地域の方と打ち解けることで不安な気持ちも消えていくでしょう。

以上が対処法についてでした。

□まとめ

今回は家が実家から遠いことで後悔した事例と、実家から遠くに引っ越してしまったときの対処法について紹介しました。
この記事が少しでもお客様の役に立てば幸いです。
当社はお客様一人一人の意見を真摯に受け止め、最高のサービスを提供します。
何かお困りごとがある際はお気軽にお問い合わせください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る