注文住宅を検討中の方へ!玄関の広さについて紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/03/10

注文住宅を検討中の方へ!玄関の広さについて紹介します!

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、玄関の広さについてです。
玄関は、その家の印象を決める「家の顔」であり、靴や傘などの外出時に必要な物を置く重要なスペースになります。
そこで今回は、玄関のおすすめの広さと玄関の印象を良くするためのポイントについてご紹介します。

□玄関のおすすめの広さ

玄関の標準的な広さは、1.5坪(4.96平方メートル)と言われています。
玄関の間口は、最低でも135センチメートルは取りましょう。
これ以下だと狭く感じます。
そして、奥行きも120センチメートル以上は取りましょう。
奥行きがないと、上着を脱いだりしにくくなります。

また、家族構成によっても変わってきます。
例えば、2人暮らしの場合、人の出入りが少なく家自体の規模も小さいなら、1坪でも十分でしょう。
4〜5人家族で、来客者の出入りが少ない場合は、1.5坪前後が最適です。
家が大きく、人を招き入れることが多い場合は2坪以上あると良いでしょう。

玄関の大きさを決めるときは、家族構成や家の広さとのバランスを考えるようにしましょう。

□玄関の印象を良くするためのポイント

*光を取り入れる

玄関部分は窓を設置しづらく、暗くなりがちなので、意識して採光を取り入れるようにすると良いでしょう。
壁面に窓を設置できるならば、設置することをおすすめします。
設置できないのであれば、玄関ドアの一部にガラスを採用したり、ドア横部分をガラスブロックにしたりすると良いでしょう。
また、玄関正面に採光窓を取り付けるのであれば、来客者にとって逆光にならない位置に取り付けるようにしましょう。

*玄関のドア選び

玄関ドア選びには3つポイントがあります。

1つ目は、ドアの種類です。
ドアには、扉タイプと引き戸タイプの2種類があります。
最近は8割〜9割の方が扉タイプの玄関ドアを選んでいます。

2つ目は、ドアのデザインと色です。
デザインだけでなく、色合いだけでも家のイメージが変わってきます。

3つ目は、鍵の種類です。
大きく分けると、従来の鍵穴タイプと電子キータイプに分けられます。
最近のドアキーは技術が進歩しており、ホテルのようなカードキータイプもあれば、最先端の指紋認証タイプ、スマホ1台で開閉できるものまであります。

□まとめ

今回は、玄関のおすすめの広さと玄関の印象を良くするためのポイントについてご紹介しました。
適切な玄関の広さで、印象の良い家を作りましょう。
注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。
当社では注文住宅に関するご相談を受け付けております。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る